KCCS、業務用スマートフォンのセキュリティ対策を支援--まずはアプリを診断

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は2月1日、スマートフォンやタブレット端末に関連するセキュリティ対策支援サービス「スマートフォン向けセキュリティサービス」の提供を開始したと発表した。

 スマートフォン向けセキュリティサービスは、同社がウェブアプリケーション診断で培ってきたノウハウと、スマートフォンアプリケーション開発の経験をもとに、サーバとスマートフォン、両方のアプリケーションのセキュリティ上のリスクを確認するサービス。

 まずは「スマートフォンアプリケーション診断」でクライアント向けとサーバ向けを提供する。クライアント向けでは、スマートフォン上のアプリケーションが個人情報などの重要情報を保持している場合のリスクや、root権限で“脱獄”された場合のリスクを確認する。サーバ向けでは、スマートフォン上のアプリケーションがサーバと連携する動的な機能を持つ場合にサーバ上のアプリケーションのリスクを確認する。

 これとは別に「セキュリティレベル確認」と「セキュリティポリシー策定支援」、「セキュア開発ガイドライン提供」を今春から提供する予定としている。セキュリティレベル確認では、業務用スマートフォンの基本的なセキュリティレベルが保持されているかを確認、セキュリティポリシー策定支援では、業務用スマートフォンに対する基本的な端末設定基準の作成から紛失時を考慮した対策までを支援する。セキュア開発ガイドライン提供は、スマートフォンアプリケーションの開発ガイドラインを提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加