logo

ソニー、LED3個で強力「ズバとびっ!」搭載の学習リモコン

加納恵(編集部)2011年01月25日 20時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは1月25日、学習リモコンの新製品として「RM-PLZ530D」(PLZ530D)と「RM-PZ210D」(PZ210D)の2機種を発表した。LED3個を装備した強力広角発光「ズバとびっ!」を搭載し、スムーズな操作をサポートする。

  • 「RM-PLZ530D」

 PLZ530Dは、最大8台のAV機器を操作できる学習リモコンだ。主要AV機器メーカーの製品のリモコン信号がすでに記憶されており、本機を「一発!初期設定」状態にして、登録したい機器の付属リモコンにある電源ボタンを押すだけの2ステップで設定ができる。

 記憶されていない機器は、最大948ボタン分学習させることが可能。赤外線リモコンであれば、エアコン、扇風機、照明器具などのリモコン信号を学習させられる。

 3Dボタンやアクトビラボタンを用意し、最新テレビの機能にも対応する。本体サイズは高さ210mm×幅54mm×奥行き27mmになる。価格は4935円になる。

  • 「RM-PZ210D」

 PZ210Dは、最大3台のAV機器を操作できるベーシックモデルだ。番組表やデータ放送も操作できる。本体サイズは高さ210mm×幅52mm×奥行き27mmになる。価格は3098円。

 両機種ともに、操作部を下にしてテーブルに置ける背面も美しいデザインを採用したとしている。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集