KDDI、全国52局のFMラジオをどこでも聴ける「LISMO WAVE」を提供開始

藤井涼(編集部)2011年01月25日 18時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIと沖縄セルラーは、auのAndroid搭載スマートフォンと携帯電話向けに、全国52局のFMラジオ放送と音楽映像を視聴できるストリーミングサービス「LISMO WAVE」を、1月26日に開始すると発表した。

 LISMO WAVEは、「ラジオチャンネル」と「音楽映像チャンネル」で構成されるサービス。ラジオチャンネルでは、3GまたはWi-Fiを利用して全国民放FM52局のラジオ放送を、放送エリアの制限なくクリアな音質で聴くことができる。

  • 「LISMO WAVE」サービスイメージ

  • 対応する全国の民放FM52局

 auの音楽サービス「LISMO Music」と連携しており、番組内で流れている楽曲のアーティスト情報を確認したり、そのまま楽曲を購入できる。地下鉄など不安定な通信環境でも、「バッファ再生機能」により音声が途切れることなく再生できるという。料金は月額315円で5月末までは無料で提供する。

 音楽映像チャンネルは、Wi-Fiを利用して音楽映像を配信するサービス。KDDIのPC向け音楽動画配信サイト「au Exclusive Live」で配信するライブ映像を視聴できる「LISMO WAVE Channel」を無料で提供するほか、5月にはレーベルゲートとの協業による3つの有料チャンネルを提供する予定。

  • ゲストの小林克也さん、内田恭子さん、IMARUさんと全国民放FM52局の女性パーソナリティ

 サービス開始時の対応機種はIS03、REGZA Phone IS04、IS05、T006で、順次拡大していくという。

 1月25日に都内で開かれた会見にはKDDI代表取締役執行役員専務の髙橋誠氏が登壇。髙橋氏は、音楽は今後、ネットワーク上で楽曲を管理する“クラウドミュージック”の時代に突入すると語り、そのためのKDDIの取り組みの第1弾としてLISMO WAVEを紹介した。

 「従来のLISMOは携帯電話端末に楽曲をダウンロードする方式だったが、これからの時代を考えるとクラウド化は必須。ネット上で楽曲を管理することでより多くの人に音楽に出会ってもらえる。また、さまざまなデバイスで音楽を体験できる世界を目指したい」(髙橋氏)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加