logo

ソニー、3D、ネット対応機を拡充した「ブラビア」新モデル

加納恵(編集部)2011年01月20日 17時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは1月20日、液晶テレビ「ブラビア」に、Skypeなどのネット機能を搭載した新製品4シリーズを発表した。そのうち2シリーズは3D対応モデルになる。2月中旬から順次発売される。

 発表されたのは、3D対応の「EX720/EX72S」、イーゼルのような新スタンドを採用した「EX420」、バックライトにCCFL管を採用したスタンダードモデル「CX400」となる。

 全機種でSkypeに対応(2011年春にアップデート)したほか、テレビ番組で流れている楽曲情報を自動で教えてくれる「TrackID」、スマートフォンをリモコン代わりに使える「メディアリモート」などの利用が可能。ソニーが提供する「Video On Demand powered by Qriocity」をはじめとしたインターネット動画視聴もサポートする。USB接続による外付けHDDでの録画も可能だ。

 画質回路には現行の高画質機「HX900」に採用されている「ブラビアエンジン3」「インテリジェントイメージエンハンサー」「インテリジェントMPEGノイズリダクション」を強化させた新「X-Reality」をすべての機種に内蔵。超解像技術であるインテリジェントイメージエンハンサーを利用することで、フルHD画質からネット動画まですべての映像を高画質化するとしている。

 CX400以外のモデルでは、バックライトにエッジ型LEDを採用したほか、FeliCaポートを搭載した「おき楽リモコン」を付属する。

 3D対応機はEX720と、40Wのスピーカーを搭載したEX72Sを追加した。従来別売であった3Dトランスミッタを内蔵し、3Dメガネを購入するだけで3D映像を視聴できる。パネルは2倍速駆動だが、通常の倍速技術にバックライトコントロールを加えた「モーションフローXR240」を搭載することで、4倍速と同等の低残像感を実現するとしている。

  • 「KDL-55EX720」

  • 「KDL-46EX72S」

  • KDL-60EX720(60V型 店頭想定価格:43万円前後)
  • KDL-55EX720(55V型 店頭想定価格:31万円前後)
  • KDL-46EX720(46V型 店頭想定価格:25万円前後)
  • KDL-40EX720(40V型 店頭想定価格:19万円前後)
  • KDL-32EX720(32V型 店頭想定価格:16万円前後)
  • KDL-46EX72S(46V型 店頭想定価格:27万円前後)
  • KDL-40EX72S(40V型 店頭想定価格:21万円前後)
  • KDL-32EX72S(32V型 店頭想定価格:18万円前後)
  • 「KDL-32EX420」

 EX420は、新デザインのスタンドを採用した薄型モデルだ。スタンドは、絵画を立てかけるイーゼルをイメージしてデザインされており、映像が浮いているような浮遊感を演出しているという。ボディカラーはブラック、ブラウン、ホワイトで、22V型のみピンクも用意される。

  • KDL-32EX420(32V型 店頭想定価格:9万円前後)
  • KDL-26EX420(26V型 店頭想定価格:8万円前後)
  • KDL-22EX420(22V型 店頭想定価格:7万円前後)
  • 「KDL-32CX400」

 CX400は、バックライトにCCFL管を採用したスタンダードモデルだ。人感センサを備えたほか、32V型モデルには1920×1080ピクセルのフルHDパネルを搭載する。

  • KDL-32CX400(32V型 店頭想定価格:8万円前後)
  • KDL-22CX400(22V型 店頭想定価格:6万円前後)

 全機種ともに搭載チューナは地上、BS、110度CSデジタルチューナ1系統、地上アナログチューナ1系統。外付けHDDへの視聴中の裏番組録画には対応していない。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集