logo

キヤノン、新「HD CMOS PRO」搭載のビデオカメラ「iVIS」--高感度撮影が可能に

加納恵(編集部)2011年01月19日 15時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンマーケティングジャパンは1月19日、ビデオカメラ「iVIS」シリーズに、業務用ビデオカメラにも使用されている「HD CMOS PRO」を搭載した「iVIS HF M43」など4機種を発表した。2月上旬から順次発売する。

  • 全機種SDHC/SDXCカードスロットはダブルで備える

 発表されたのはプロスペックモデルの「iVIS HF G10」(G10)、高画質モデルの「iVIS HF M43」「iVIS HF M41」、エントリーモデルの「iVIS HF R21」となる。全機種内蔵メモリとSDHC/SDXCカードスロットをダブルで備えたダブルメモリモデル。液晶モニタにはタッチフォーカスやタッチ追尾機能を備えたタッチパネルを採用している。

  • HD CMOS PRO

 HD CMOS PROはG10、M43、M41の3機種に採用された。従来センサに比べ、セルサイズが2.6倍に拡大されていることが特徴で、高感度撮影、ダイナミックレンジの拡大、解像度の向上などのメリットを持つ。これにより最低照度1.5ルクス(Pモード時)での撮影など、高画質撮影を実現したとしている。

 また、新製品にはさまざまな演出効果を楽しめるクリエイティブ機能を搭載した。

  • スタイラスペンが付属する

 全機種に付属のスタイラスペンを用い、画面内に自由にデコレーションできる「タッチデコレーション」を追加したほか、上位3機種には「シナリオモード」「シネマルックフィルター」を用意した。

 シナリオモードとは、ビデオカメラ本体に10個のテーマと撮影シナリオをプリセットしたもので「旅行」「キッズ」「ブログ」などのテーマを選ぶと「表情のアップを撮ろう」など撮影する被写体をカメラが教えてくれる機能だ。各撮影シナリオはプロが監修しており、効果的な作品づくりをサポートする。

 一方シネマルックフィルターは、従来のシネマモードに、ポップ、ファンタジー、クールなど8種類のフィルタを追加し映画のようなワンシーンを撮影できるとしている。

 高画質モデルはM41とM43の2機種をラインアップした。違いは内蔵メモリ容量とボディカラーで、M43が64Gバイトでブラック、M41が32Gバイトでレッドとシルバーをそろえる。10倍光学ズームと、5.1chサラウンドマイクを搭載。発売は2月上旬から、店頭想定価格はM43が10万円前後、M41が8万5000円前後になる。本体サイズは高さ71mm×幅74mm×奥行き137mmで、重量は約420g(バッテリなど含む)だ。

  • iVIS HF M41

  • iVIS HF M43

  • iVIS HF R21

 エントリーモデルのR21は、32Gバイトメモリを内蔵した。本体サイズは高さ61mm×幅60mm×奥行き121mmで、重量は310g(バッテリなど含む)。光学20倍ズームに対応する。発売は2月上旬。店頭想定価格は6万円前後になる。

  • iVIS HF G10

 G10は、HD CMOS PROにF1.8の10倍ズームレンズを搭載したプロスペックモデルだ。本体にはフォーカスリングやカスタムダイヤルを備えたほか、絞り、シャッタースピードなどマニュアル設定機能を装備する。

 映画フィルムと同じ毎秒24フレームでの記録、三脚撮影に便利なリモートコントロール端子など、プロ仕様の撮影機能も搭載した。

 本体サイズは高さ78mm×幅77mm×奥行き151mmで、重量は590g(バッテリなど含む)。発売は3月中旬で店頭想定価格は15万円前後になる。

-PR-企画特集