logo

トラックボールが快適!--シャープ「GALAPAGOS モバイルモデル」レビュー - (page 3)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本を買うにはブックストアへアクセス

 ホーム画面の下部にある「ストア」ボタンをタップすると、TSUTAYA GALAPAGOSブックストアに接続される。さまざまな特集ページを設けていたり、細かい条件を指定して検索できたり、本を探しやすいように工夫されている。また、「いつか買う」リストに入れたり、「試し読み」ができたり、じっくり選べるようになっている。

 メディアタブレットには、microSDHCカードが同梱されており、「新聞は約1年分、雑誌は月刊誌が約3年分、書籍は1万冊以上を保存できる」と仕様には書いてある。もちろん、データ量によって保存できる冊数は変わるが、これだけ入れば、当分困ることはないだろう。

 現在のところ、ほかにはないサービスが、雑誌や新聞の定期購読だ。定期購読では、決まった日の決まった時間に、ネットワークに接続されていれば、自動的に新しい号がダウンロードされる。自分でいちいち確認しなくても、向こうからやってくるのだから、簡単で便利だ。まだ取扱数は、そう多くないが、今後増えることを期待する。

 使っているPCがWindowsの場合は、専用アプリケーション「GALAPAGOS」をインストールすることで、本の管理がしやすくなる。だが、基本的には、メディアタブレット単体で本の購入から読書終了まで行えるため、持っているPCがWindowsであろうとMacであろうと購入できるのは便利だ。

GALAPAGOSの特殊な購入方法

 このように、期待の高まる端末であるが、購入方法が少々まどろっこしい。メディアタブレットは、シャープメディアタブレットストアでしか購入できないのだ。ネットショッピングは別に珍しいことではないが、このように高額で、初めて見るような端末は、「触ってみてから買う」という人も多いだろう。メディアタブレット取次店検索から、近所で端末を展示している店舗は見つかるが、その店に行って購入を決めたとしても、その場で即購入できるわけではなく、購入申込書をもらって郵送で申し込むか、家に帰ってインターネットで購入するか、のいずれかの手間がかかる。

 ファミリーマートやローソンといった全国のコンビニエンスストアでも、「メディアタブレット購入申込書」は配布されているが、メディアタブレット購入に必要な無線LAN環境を持っている人は、ほとんどがインターネットで購入することになるのではないかと推測される。今後、どのようにユーザーを増やしていくのか、コンテンツの充実度とともに注目していきたい。

ブラウザも搭載されているGALAPAGOS

 メディアタブレットの3万9800円(モバイルモデル)と5万4800円(ホームモデル)という価格だけを見ると、とても高価に感じるが、映画や音楽の展開次第では、妥当な価格もしくは、むしろ安いくらいだと感じるかもしれない。

 今回は紹介しきれなかったが、メディアタブレットにはウェブブラウザが搭載されており、ウェブブラウジングもできるほか、簡単なゲームもあらかじめインストールされている。メディアタブレット1台で、読書意外の楽しみが広がるのだ。おそらくiPadと比べられるであろうメディアタブレットは、購入を検討するのに十分値する。

 特に、サイズ的にiPhone(またはiPod touch)では画面が小さすぎるし、iPadでは重すぎる、と考える女性や高齢者には、5.5型モバイルタイプは最適ではないかと思う。かく言う筆者も、レビューのために触りながら、むくむくと沸き起こる物欲と戦っている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]