logo

2011年の就活はソーシャルメディアを使った「ソー活」に--リクルートがトレンドを予測 - 18/19

岩本有平(編集部)2011年01月14日 19時22分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 現在の就職活動のスタイルはオンラインでのエントリーに始まり、オフラインでのセミナー、選考を通じて内定まで進んでいく。

 この流れを考えれば、本来セミナーは学生と企業がお互いを知り合うべき場所だ。しかし物理的な制約から、お互いを知るタイミングですでに参加企業を絞り込む必要があることが問題だという。

 またウェブでのエントリーは広く門戸を開いた「マスメディア型」であるのに対して、オフラインでの選考は「個別コミュニケーション型」になる。この急な状況の変化によって、コミュニケーション不全が起きるという。

 この2つの課程の間に、ソーシャルメディアを活用した「オンラインでの個別コミュニケーション」を挟むことで、意思の疎通が容易になると岡崎氏は説明する。

 現在の就職活動のスタイルはオンラインでのエントリーに始まり、オフラインでのセミナー、選考を通じて内定まで進んでいく。

 この流れを考えれば、本来セミナーは学生と企業がお互いを知り合うべき場所だ。しかし物理的な制約から、お互いを知るタイミングですでに参加企業を絞り込む必要があることが問題だという。

 またウェブでのエントリーは広く門戸を開いた「マスメディア型」であるのに対して、オフラインでの選考は「個別コミュニケーション型」になる。この急な状況の変化によって、コミュニケーション不全が起きるという。

 この2つの課程の間に、ソーシャルメディアを活用した「オンラインでの個別コミュニケーション」を挟むことで、意思の疎通が容易になると岡崎氏は説明する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]