【フォトレポート】営業開始前のマイクロソフト品川新本社に潜入

藤本京子(編集部)2011年01月11日 19時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2月1日に社名を日本マイクロソフトへと変更し、東京都内に点在する拠点を品川に集約するマイクロソフト。同社は1月11日、報道陣を集め新オフィスの内覧会を開催した。引越もまだ始まっていない新オフィスはがらんとした状態だが、今回はその新オフィスをフォトレポートにて紹介しよう。

新オフィスは、32階建ての品川グランドセントラルタワーのうち19階から31階までで、現在の新宿本社、代田橋、赤坂、初台、霞が関のオフィスを統合する。総フロア面積は3万6800平方メートルで、統合前の各拠点のフロア面積の合計より約30%の拡大になるという。

顧客を迎え入れるフロアは30階と31階で、両フロアは中央の階段でつながっている。30階はコンシューマービジネスを、31階はエンタープライズビジネスをイメージしたフロアだ。まずは31階をのぞいてみよう。

2月1日に社名を日本マイクロソフトへと変更し、東京都内に点在する拠点を品川に集約するマイクロソフト。同社は1月11日、報道陣を集め新オフィスの内覧会を開催した。引越もまだ始まっていない新オフィスはがらんとした状態だが、今回はその新オフィスをフォトレポートにて紹介しよう。

新オフィスは、32階建ての品川グランドセントラルタワーのうち19階から31階までで、現在の新宿本社、代田橋、赤坂、初台、霞が関のオフィスを統合する。総フロア面積は3万6800平方メートルで、統合前の各拠点のフロア面積の合計より約30%の拡大になるという。

顧客を迎え入れるフロアは30階と31階で、両フロアは中央の階段でつながっている。30階はコンシューマービジネスを、31階はエンタープライズビジネスをイメージしたフロアだ。まずは31階をのぞいてみよう。

2月1日に社名を日本マイクロソフトへと変更し、東京都内に点在する拠点を品川に集約するマイクロソフト。同社は1月11日、報道陣を集め新オフィスの内覧会を開催した。引越もまだ始まっていない新オフィスはがらんとした状態だが、今回はその新オフィスをフォトレポートにて紹介しよう。 新オフィスは、32階建ての品川グランドセントラルタワーのうち19階から31階までで、現在の新宿本社、代田橋、赤坂、初台、霞が関のオフィスを統合する。総フロア面積は3万6800平方メートルで、統合前の各拠点のフロア面積の合計より約30%の拡大になるという。 顧客を迎え入れるフロアは30階と31階で、両フロアは中央の階段でつながっている。30階はコンシューマービジネスを、31階はエンタープライズビジネスをイメージしたフロアだ。まずは31階をのぞいてみよう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加