logo

iPhoneやiPadから簡単プリント--写真で見るアップルのAirPrintに対応した「ENVY100」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2010年11月に行われたiOS 4.2のアップデートから、新機能「AirPrint」が搭載された。AirPrint対応のプリンタを使えば、ソフトウェアのダウンロードやドライバのインストールなどの手間もなく、プリントできる。

 現在のAirPrint対応のラインアップはHPのみ。日本でも対応プリンタがそろっている。今回は、新製品「ENVY100」を使い、実際にAirPrint機能を使ってみた。

 ENVY100はスタイリッシュな外見が特徴で、天板はガラスを採用し、用紙トレイの一部には金属を使用するなど、全体的に高級かつしっかりとした造りのプリンタに仕上がっている。機能面では、顔料黒インク、無線LAN対応、両面印刷、タッチスクリーンによる操作などを備える。

 また、それ以外の付加機能面が充実しているのもENVY100の特徴だ。iPhone/iPad/iPod touchと同じ無線LANネットワークにつながっていれば、印刷ができるアップルのAirPrintに対応しているほか、プリンタが固有のメールアドレスを持ちメール送付でオフィスソフトやPDFファイルなどを印刷する「メールdeプリント」、プリンタからネット上の情報を印刷する「アプリdeプリント」などの機能を備える。

 2010年11月に行われたiOS 4.2のアップデートから、新機能「AirPrint」が搭載された。AirPrint対応のプリンタを使えば、ソフトウェアのダウンロードやドライバのインストールなどの手間もなく、プリントできる。

 現在のAirPrint対応のラインアップはHPのみ。日本でも対応プリンタがそろっている。今回は、新製品「ENVY100」を使い、実際にAirPrint機能を使ってみた。

 ENVY100はスタイリッシュな外見が特徴で、天板はガラスを採用し、用紙トレイの一部には金属を使用するなど、全体的に高級かつしっかりとした造りのプリンタに仕上がっている。機能面では、顔料黒インク、無線LAN対応、両面印刷、タッチスクリーンによる操作などを備える。

 また、それ以外の付加機能面が充実しているのもENVY100の特徴だ。iPhone/iPad/iPod touchと同じ無線LANネットワークにつながっていれば、印刷ができるアップルのAirPrintに対応しているほか、プリンタが固有のメールアドレスを持ちメール送付でオフィスソフトやPDFファイルなどを印刷する「メールdeプリント」、プリンタからネット上の情報を印刷する「アプリdeプリント」などの機能を備える。

 2010年11月に行われたiOS 4.2のアップデートから、新機能「AirPrint」が搭載された。AirPrint対応のプリンタを使えば、ソフトウェアのダウンロードやドライバのインストールなどの手間もなく、プリントできる。  現在のAirPrint対応のラインアップはHPのみ。日本でも対応プリンタがそろっている。今回は、新製品「ENVY100」を使い、実際にAirPrint機能を使ってみた。  ENVY100はスタイリッシュな外見が特徴で、天板はガラスを採用し、用紙トレイの一部には金属を使用するなど、全体的に高級かつしっかりとした造りのプリンタに仕上がっている。機能面では、顔料黒インク、無線LAN対応、両面印刷、タッチスクリーンによる操作などを備える。  また、それ以外の付加機能面が充実しているのもENVY100の特徴だ。iPhone/iPad/iPod touchと同じ無線LANネットワークにつながっていれば、印刷ができるアップルのAirPrintに対応しているほか、プリンタが固有のメールアドレスを持ちメール送付でオフィスソフトやPDFファイルなどを印刷する「メールdeプリント」、プリンタからネット上の情報を印刷する「アプリdeプリント」などの機能を備える。
デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集