PBC、Microsoft Dynamics NAVをベースにした製造業向けソリューション発売

ZDNet Japan Staff2010年12月16日 18時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パシフィックビジネスコンサルティング(PBC)は12月16日、製造業向けERP製品の最新版「NAV-MANUFACTURING」の販売を2011年1月末から開始すると発表した。日本語版、中国語版の2バージョンを同時に発売する。

 NAV-MANUFACTURINGは、マイクロソフトの中堅中小規模企業向けERPソリューションの最新版「Microsoft Dynamics NAV 2009 SP1」をベースにPBCが追加開発を行い、製造業向けにテンプレート化してパッケージ販売するもの。

 主要な追加機能としては、外部スケジューラとの連携によりガントチャートを使った詳細な生産計画の立案を可能にしている。これにより、工場のリソースを有効活用できるようになり、生産効率の向上が実現するとしている。また、原価計算機能においては、これまでERPパッケージの標準機能では難しかった「階梯式配賦機能」や「月次総平均法」を実現している。これにより、工程別および製品別の積み上げ計算が可能となり、原価計算(棚卸評価計算)機能の強化や、様々な切り口での製造原価分析が可能になるという。

 そのほか、製造外注先への支給品管理、購買・販売単価の赤黒訂正、リベート計算機能などの拡張機能も実装している。

 NAV-MANUFACTURINGの参考パッケージ価格は、Dynamics NAV基本ライセンスが25万円、Dynamics NAVユーザーライセンス(11ユーザー)が247万5000円、Dynamics NAVオプショナルライセンスが30万円より、Dynamics NAV言語ライセンスが14万4000円。そのほか、日本語、中国語それぞれに対応した画面とマニュアルが各50万円。各国向け機能が各150万円。生産管理モジュールライセンスが500万円より。導入期間は約8カ月になる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加