次期Android搭載モトローラ製タブレット、画像が流出

文:Donald Bell(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年12月14日 11時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先週開催されたD: Dive Into Mobileのカンファレンスで、GoogleのAndy Rubin氏は、将来登場予定のMotorola製タブレットを特別に披露した。このタブレットは、長らく登場が待たれているタブレットに最適化されたバージョンのAndroid OS(開発コード名「Honeycomb」)を搭載している。そして、今週、この10インチMotorola製タブレットの画像があるモバイル系フォーラムにひっそりと登場した。ただし、この画像により新しく判明したことがある。それは、Verizonのロゴが付いているということだ。

 この画像からは、他には注目に値する詳細は得られないが、情報提供者の話によると、仕様としては、32Gバイトの内部記憶装置、NVIDIA Tegra2T20デュアルコアプロセッサ、ジャイロスコープセンサ、1280×800ピクセルのディスプレイ解像度、前面および背面カメラ(2MP/5MP)、1GHzシステムプロセッサ、microSDサポート、512MバイトRAM、そしてWi-Fi、Bluetooth、3G、LTEに対応した無線接続を搭載しているという。

Motorola製Android(Honeycomb)搭載タブレットの流出画像。デバイスにはVerizonロゴが付いている。 Motorola製Android(Honeycomb)搭載タブレットの流出画像。デバイスにはVerizonロゴが付いている。
提供:wnrussell

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加