logo

「iPad」からデスクトップ版「Google Docs」が利用可能に

文:Scott Stein(CNET News) 翻訳校正:中村智恵子、福岡洋一2010年12月13日 12時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間12月9日、「iPad」ユーザーもデスクトップ版「Google Docs」の編集機能を、新たにデスクトップモードで利用できるようになったと発表した。Googleは11月にモバイル版Google Docsのアップデートを行い、テキストおよびスプレッドシート文書の書き込みや編集を可能にしたが、まだいくらか制限が残っていた。

 直感的な操作ではないが、編集中の文書の下部にある「Desktop」モードをクリックすると、一般的なコンピュータのウェブブラウザで表示されるのと同じGoogle Docsのビューワ/エディタが開く。インターフェースは若干動作が遅く、iPadのオンスクリーンキーボードでの反応におかしなところもある(テキストがウィンドウの表示範囲外にずれた)が、用意されているGoogle Docsの全ての機能が使えるようになることを、この数カ月、大半のiPadユーザーは夢見ていたことだろう。

 結論として、Appleの「Pages」などの優れた文書作成アプリケーションの代わりになるわけではなく、Wi-Fi版iPadはオフラインになることもあるから特にそうだが、それでも滑り出しは順調と言っていい。数週間後に開催されるConsumer Electronics Show(CES)に向かう取材陣にとっては特に有用だろう。

Google Docs
提供:screenshot/Scott Stein

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集