logo

グーグル、次世代「Google Maps for Mobile」を披露--キャッシュ機能や3D表示に対応

Antuan Goodwin(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年12月08日 12時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GoogleのAndy Rubin氏はD: Dive Into Mobileカンファレンスで、次世代の「Google Maps for Mobile」を紹介した。

 新しいGoogle Maps for Mobileでは、マップのビジュアルスタイルが全面的に変更され、現バージョンのような平面的なビットマップイメージではなく、ベクタグラフィックスをベースとしたものになるという。これにより、必要となる保存容量が大幅に減少し、ダウンロードに必要な帯域幅も減る。また、Google Mapsソフトウェアの全体的なパフォーマンスが向上するとみられている。必要なマップデータの要件が緩和されるため、経路をオフラインでキャッシュ表示することが可能になり、一度経路を決めれば、移動中にインターネットに接続し続ける必要がなくなる。

 さらに、100箇所以上で建物を3D表示できるようになるという。3Dで表示されたランドマークは、マルチタッチによる回転表示やズームが可能だ。

 新しいGoogle Maps for Mobileは近日中にダウンロード可能になるが、高度なマルチタッチコントロールや3Dレンダリングなどを使用するには、そうした機能をサポートするハードウェアが必要となる。新しいGoogle Mapsのすべての機能に対応する端末としてはサムスンの「GALAXY S」、Motorolaの「Droid」、Googleの「Nexus S」などがあるが、「Nexus One」は含まれない。

提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集