logo

OnLive、ゲームをテレビに直接ストリーミングする「MicroConsole」を近く発売

文:Dan Ackerman(CNET News) 翻訳校正:緒方亮、福岡洋一2010年11月19日 13時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 OnLiveによるクラウドベースのゲームサービスはなかなか印象深い。独自のストリーミングシステムにより、インターネットにつながった普通のノートPCやデスクトップPCでさまざまなハイエンドPCゲームをプレイできる。そのOnLiveが、PCを介さずテレビに直接ゲームをストリーミングする待望の「MicroConsole」の発売日と価格をついに発表した。

 MicroConsoleテレビアダプタと無線コントローラを含む「OnLive Game System」は、12月2日に99ドルで発売される。また、プロモーションのための特典として無料ゲームが付いてくる(ゲームは基本的に箱入りのリテール版と同等のものを選べるが、通常なら約49ドルするものもある)。

 OnLiveは、CPUやGPUに負荷のかかる、ゲームソフトを実際に実行する作業を遠隔地にあるレンダーファームに肩代わりさせ、それをストリーミングビデオの形でプレーヤーに送信する。

 完成版のハードウェアはまだ試せていないが、MicroConsoleは見たところ、イーサネットコネクタとビデオ出力が付いた小型のアダプタのようだ。だから(CPUとGPUがないので)この低価格になっている。特製の無線コントローラのほかに、USBでキーボードとマウスを利用できる(すべてPCゲームなのだからそうだろう)。なお、PC版のOnLiveでは、「Microsoft Xbox 360」の有線コントローラを試してみたところうまく機能した。

OnLive Game System
提供:OnLive

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集