logo

インターネット父V・サーフ氏、IPv6移行企業への政府支援を提案

文:David Meyer(ZDNet UK) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年11月15日 12時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットの父とされるVint Cerf氏は、IPv6への切り替えを推進する英国の組織6UKの立ち上げイベントで現地時間11月11日、IPv6対応機器へのアップグレードを行う企業に対して英政府が税控除などの奨励制度をもうけるべきであるとの考えを示した。

 IPv4アドレスは2年以内に枯渇すると言われており、その後はIPv4方式では新しいデバイスをインターネットに追加できなくなる。IPv4をサポートするようにつくられたルータなどの機器の多くはIPv6に対応しておらず、アップグレードや交換が必要になる。

 同イベントでは、英政府のDavid Hendon氏が「民間企業は、IPv6の採用は自社の利益になることを認識しなければならない」と述べたのに対し、Cerf氏は、何らかの奨励制度が有益となる可能性があると述べている。

 Cerf氏はTCP/IPを共同で開発した人物で、現在はGoogleのチーフインターネットエバンジェリストを務めている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集