logo

Facebook、第3四半期米ディスプレイ広告市場でトップシェア--コムスコア調査

文:Lance Whitney(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部2010年11月10日 13時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 comScoreは米国時間11月8日、第3四半期米国オンラインディスプレイ広告市場に関する調査結果を発表した。

 同市場において第1位となったのはFacebookで、ディスプレイ広告インプレッション数は2970億件、シェアは前年同期の9.2%から13.9ポイント増の23.1%だった、とcomScoreは述べている。

 米Yahooは第2位で、ディスプレイ広告インプレッション数は1400億件。続くMicrosoftは640億件、そして、Fox Interactive Mediaは480億件となった。

 オンライン広告主としては、AT&Tがトップで、広告インプレッション数が211億件で、全体の1.6%を占めた。第2位はオンライントレーディング会社Scottradeで、インプレッション数は149億件。続くVerizonは146億件だった。

 オンラインディスプレイ広告市場全体としては、2009年の低調ぶりから順調な回復を見せている。第3四半期には約1.3兆件のディスプレイ広告が米国インターネットユーザーに配信され、前年同期比で22%増となった。

第3四半期米国オンラインディスプレイ広告市場に関する調査結果
提供:comScore

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集