logo

アップル、「iOS 4.2」で「iPhone 3G」の性能を改善か

文:Joe Aimonetti(Special to CNET News) 翻訳校正:緒方亮、高森郁哉2010年11月10日 12時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブログ「TiPb」が実施した、近くAppleがリリースするモバイル向けオペレーティングシステム「iOS 4.2」のゴールデンマスター版(最終版)を使ったテストによると、「iPhone 3G」のパフォーマンスが向上したという。そのおかげで、iPhone 3Gの利用者は、iOS 4を導入した当初の問題をある程度は忘れられるかもしれない。

 アップデートでiPhone 3Gが使い物にならなくなったと大勢が感じた2010年夏のiOS 4公開を、「不快で、不誠実な、人を欺く商行為」だとして、Appleを訴えたカリフォルニア州の集団訴訟を受け、旧機種を使う顧客をなだめることの優先順位が跳ね上がったのかもしれない。

 「iOS 4.1」は、iPhone 3Gのパフォーマンスに影響するバグを明確な解決対象としてリリースされ、iPhone 3G利用者の悲鳴にAppleが答えたものだった。多くの利用者はこのiOS 4.1でパフォーマンス問題が解決したと述べたが、それでも集団訴訟が起こされた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集