アップル、スクロール可能なメニューの特許を出願か--米報道

文:Joe Aimonetti(Special to CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年11月09日 16時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが先日提出した特許出願書類は、同社がメニューアイテムを統合し、所定の場所を選択したときにスクロール可能にすることで、デスクトップ上の無駄な情報を減らそうとしていることを示している。

 AppleInsiderの報道によると、この書類には以下の文があったという。

 「例えば、ユーザーは画面の大きな面積を占めるフローティングツールパレットを欲していない。ツールパレットに追加されるオプションが増えると、ツールパレットを大きくするか、オプションのサイズを小さくしなければならない」

 画面上の所定の部分を選択すると、メニューやコマンド(写真にあるシャットダウンメニューなど)が有効になる。

picture 提供:AppleInsider

 この種のコマンドを常時画面上に表示するのを止めることで、理論的には実行中のアプリケーションが利用できる画面の面積が大きくなる。この機能は、「iPhone」や「iPod touch」、そして新しい「iPod nano」のような画面サイズの小さい「iOS」デバイスで役立つはずだ。

picture 提供:AppleInsider

 Appleの特許出願書類に掲載されているアイコンは、スクロールバーやカバーフロー風のインターフェースなど、複数の異なる方法で表示されている。

picture 提供:AppleInsider

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加