「Kinect」と「PlayStation Move」、年末商戦の行方は--米アナリストが予測

文:Don Reisinger(Special to CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年11月09日 11時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Wedbush Securitiesのビデオゲーム業界アナリストであるMichael Pachter氏は米国時間11月8日、米CNETとのインタビューに対し、2010年のモーションコントローラの年末商戦はMicrosoftの「Kinect」が支配し、ソニーの「PlayStation Move」はそれほどよい結果を得られないだろうと述べた。

 Pachter氏は、2010年末までのKinectの販売台数は先週Microsoftが予想したように500万台に到達すると予想する一方、Moveの販売台数は300万台から350万台だろうと考えている。同氏によると、Microsoftのマーケティング努力がKinectの成功に大きく関係するという。

 ソニーは、米国および中南米でPlayStation Moveの発売後1カ月間の販売台数が100万台となったと発表している。一方、Kinectは11月4日に米国で発売された。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加