logo

Photoshopをタブレットで--新時代に向けたアドビの取り組み - (page 3)

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年11月10日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コンパニオンアプリケーションは、携帯電話上ではタッチ操作型のコントロールパネルとして使用できる。ツールの選択や設定、例えばPhotoshopのブラシを選択して、ブラシのサイズを調節することもできる。デザイン、描画、写真など、さまざまなスタイルの作品に合わせた設定が可能だ。

 コンパニオンの別の使い方としては、Photoshopのメイン画面を取り散らかすことなく、チュートリアルを表示させることが挙げられる。この場合も、チュートリアル内の関連する部分をタップすることで、コンピュータ上のPhotoshopを操作できる。

 もちろん、タブレットを使用すると可能性はさらに広がる。

 これに関しては、Adobeのモックアップはコントロールパネルのアイデアの発展形を提示しており、より多くのツールが画面に表示されていた。しかし、もっと重要なのは、イメージ自体をタブレットに表示させて、直接編集を行える拡張としてタブレットを使用することだ。

 例えば、指を使ったマルチタッチ操作で画像に直接色を塗ると、変更点がコンピュータ上の画面に反映される。マルチタッチは画像を歪めるときも便利だろう。モックアップでは、モデルの鼻が球根のような不格好な形に拡大された。

 モックアップの多くが、一通りの機能がそろったスタンドアロンの編集用アプリケーションではなく、コンパニオンアプリケーションを搭載していたのは印象的だ。丸みを帯びた指先で操作する小型デバイス上で、高度な編集作業を行うのは困難である。そして、今日のスマートフォンやタブレット向けのアプリケーションの多くが、正規のPhotoshopのような自由に操作できる編集機能よりも、プリセットされたさまざまな調整機能を選択することの方が得意なのは当然だ。

 しかし、タブレットとスマートフォンの時代が始まったばかりであることも明白だ。Adobeの早い段階での動きは、この2つの新しいコンピューティング分野を真剣にとらえなければならないことを示している。

Adobeのこのモックアップは、iPadのコンパニオンアプリケーションを表示している。これを使って、無線ネットワークで接続された従来型のコンピュータ上のPhotoshopを操作できる。 Adobeのこのモックアップは、iPadのコンパニオンアプリケーションを表示している。これを使って、無線ネットワークで接続された従来型のコンピュータ上のPhotoshopを操作できる。
提供:Adobe Systems

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]