logo

MS、「Windows Phone 7」にアプリをリモート削除する「キルスイッチ」を搭載

文:Josh Lowensohn(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年11月05日 12時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows Phone 7」に、ユーザーのデバイス上のアプリをMicrosoftが削除できる「キルスイッチ」機能があることが明らかになった。同様の機能はAppleやGoogleの製品にもあるが、今回さらに「Windows Mobile 6.5」にも含まれていたことが判明している。

 Microsoftの「Windows Phone Marketplace」担当製品管理ディレクターTodd Biggs氏は、PC Proとのインタビューの中で、この機能は最悪のシナリオに対処するセキュリティ手段であり、Windows Phone Marketplaceに登録されるアプリは事前に審査されるため、この機能が使用されることはあまりないはずだと述べている。

 MicrosoftのシニアディレクターTodd Brix氏が米CNETに語ったところでは、より一般的な手順として、Microsoftがアプリに問題を見つけた場合、開発者に連絡して修正を依頼するという。迅速に修正されない場合はそのアプリがWindows Phone Marketplaceから削除される。キルスイッチ機能が使用されるのは、主に、ユーザーにとっての悪影響が広まるような事態を解決するためだとBrix氏は説明している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集