logo

フォトレポート:国際宇宙ステーション長期滞在開始からの10年間

文:James Martin(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年11月04日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 宇宙探査における画期的な出来事から先週で10年が経過した。

 2000年以降、国際宇宙ステーション(ISS)には常に誰かが滞在している。ISS(関係者の1人は、この辺境の基地を「無重力の国連」と呼んでいる)に常時人間がいるということは、科学的な面でも文化的な面でも、他に類のない地球規模の成功である。これまでに200機以上の軌道探査機がISSを訪れ、15カ国がモジュールやハードウェアの提供を通してこの任務に寄与し、600以上の実験がISSで行われた。ISSは国際協力と世界の団結の象徴としての役割を果たしてきたと言える。

 この写真は2000年9月に撮影されたもので、建設が進むISSの姿が写っている。数週間後の10月31日にはロシアが宇宙船を打ち上げ、11月2日にドッキングを完了したことで、ISSの規模は拡大し、人間が滞在するようになった。

 宇宙探査における画期的な出来事から先週で10年が経過した。

 2000年以降、国際宇宙ステーション(ISS)には常に誰かが滞在している。ISS(関係者の1人は、この辺境の基地を「無重力の国連」と呼んでいる)に常時人間がいるということは、科学的な面でも文化的な面でも、他に類のない地球規模の成功である。これまでに200機以上の軌道探査機がISSを訪れ、15カ国がモジュールやハードウェアの提供を通してこの任務に寄与し、600以上の実験がISSで行われた。ISSは国際協力と世界の団結の象徴としての役割を果たしてきたと言える。

 この写真は2000年9月に撮影されたもので、建設が進むISSの姿が写っている。数週間後の10月31日にはロシアが宇宙船を打ち上げ、11月2日にドッキングを完了したことで、ISSの規模は拡大し、人間が滞在するようになった。

提供:NASA

 宇宙探査における画期的な出来事から先週で10年が経過した。  2000年以降、国際宇宙ステーション(ISS)には常に誰かが滞在している。ISS(関係者の1人は、この辺境の基地を「無重力の国連」と呼んでいる)に常時人間がいるということは、科学的な面でも文化的な面でも、他に類のない地球規模の成功である。これまでに200機以上の軌道探査機がISSを訪れ、15カ国がモジュールやハードウェアの提供を通してこの任務に寄与し、600以上の実験がISSで行われた。ISSは国際協力と世界の団結の象徴としての役割を果たしてきたと言える。  この写真は2000年9月に撮影されたもので、建設が進むISSの姿が写っている。数週間後の10月31日にはロシアが宇宙船を打ち上げ、11月2日にドッキングを完了したことで、ISSの規模は拡大し、人間が滞在するようになった。

-PR-企画特集