マイクロソフト、身ぶりによるコントロール技術を手がけるCanestaを買収へ

文:Erica Ogg(CNET News) 翻訳校正:中村智恵子、福岡洋一2010年11月01日 10時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが、身ぶりでデバイスを操作できるようにする技術を手がけるCanestaを買収することが、米国時間10月29日に明らかになった。

 買収の金銭的詳細は公表されていないが、Canestaの最高経営責任者(CEO)であるJim Spare氏が声明の中で述べているように、「今後10年間に、あらゆるデバイスでナチュラルユーザーインターフェース(NUI)による入力が一般的になることに疑問の余地はほとんどない」ことを、Microsoftによる今回の買収は示唆している。「エンタープライズから消費者向け製品まで広範な領域をカバーするMicrosoftの、市場での存在感とUNIへの積極的な取り組みがあれば、われわれの技術を最大限に開花させる多くのアプリケーションにこの技術が幅広く採用されることを確信している」と、Spare氏は語っている。

 Canestaは、ノートPC、ゲーム機、テレビの前に人物などをカメラで3D画像として捉え、ユーザーが顔の表情や手の動きでデバイスを操作できるようにする技術を開発している。

 Canestaは以前、同技術をテレビに組み込むため日立と契約を交わしている。ソニーも「PlayStation」のアクセサリ「EyeToy」にCanestaの技術を組み込んでいる。現在、「Xbox 360」対応の「Microsoft Kinect」も、よく似たモーションコントロール技術を使っている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加