logo

モトローラ、第3四半期決算を発表--Android効果で増収増益

文:Marguerite Reardon(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年10月29日 13時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Motorolaは米国時間10月28日、2010年度第3四半期の決算を発表した。売り上げは前年同期の54億ドルから58億ドルへ、利益は1200万ドル(1株あたり利益1セント)から1億900万ドル(1株あたり利益5セント)へと増えた。また前年同期は1億8300万ドルの損失だったモバイル端末部門は300万ドルの営業利益を計上し、2006年以来の黒字転換を果たしている。

 同社の第3四半期の携帯電話出荷台数は、アナリストの予測を上回り910万台だった。そのうち380万台がスマートフォンだ。2010年にはすでに22機種のスマートフォンを発売している。同社は特に「Android」搭載スマートフォンに力を入れており、「DROID」モデルを拡充している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集