logo

ビデオ、ゲーム、ビジネスアプリ--Flash技術が進めるマルチスクリーンへの対応

柴田克己(編集部)2010年10月26日 20時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レポート前半はこちら

 Los Angeles Convention Centerで開催中の「Adobe MAX 2010(MAX 2010)」。初日基調講演後半では、Adobe Systems(Adobe)のCTOであるKevin Lynch氏が「マルチスクリーンの革命」をテーマに、ビデオ配信、エンタープライズアプリケーション、ゲームにおけるFlash技術の対応と進化について披露した。

スマートフォン、タブレット、テレビで共通の映像体験を提供

 ネットでのビデオストリーミングの世界においても、Flashの技術は、ひとつの標準といってよい地位を確立してきた。この分野においても、「マルチスクリーン」に対応すべく、アドビはMAX 2010において、PC、スマートフォン、タブレット機器、テレビなどの幅広いデバイスに対応するランタイム「Adobe AIR 2.5」を発表した。

 Lynch氏は、リリースされたばかりのGoogle TVを操作しながら、FlashによるフルHDのビデオコンテンツを家庭のテレビディスプレイで楽しめることを示すと同時に、こうしたコンテンツがAIR 2.5を搭載したスマートフォンやタブレットでも同様に楽しめる点を指摘。あわせて、「AIR for TV」として、Samsungがテレビメーカーとして初めて、自社製テレビの製品ラインにAIR 2.5を採用したことを発表した。最新版のAIR 2.5を採用した製品は、前述のSamsungをはじめ、Acer、HTC、Motorola、Research In Motion(RIM)などのデバイスメーカーから、2010年後半から2011年初旬にかけて順次リリースされるという。

 こうしたさまざまなデバイスに対応するため、次期Flash Media Serverでは、コンテンツ配信者向けの機能を強化する予定だ。1つのビデオから各種フォーマットへと自動変換する機能や、サーバ負荷を下げるため、クライアント間でPtoPでコンテンツを配信する機能などを追加するという。

  • AIR 2.5を採用するハードベンダーも多数発表。テレビ、PC、スマートフォン、タブレットで同様の動画配信を受けられる

  • 次期Flash Media Serverでは、1つのソースコンテンツを各種デバイス向けのフォーマットへとオンザフライで変換できるという

-PR-企画特集