logo

「Share」ユーザーの約2割が児童ポルノ収集を目的に利用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットエージェントは10月22日、PtoPファイル共有ソフト「Share」における児童ポルノコレクター数の調査結果を発表した。

 今回の調査は、9月27〜28日に実施された全国21都道府県による児童買春・児童ポルノ法違反の一斉取締りにより、PtoPを利用して児童ポルノ(18歳未満の児童を被写体としたポルノ)を共有目的で所持していた18人が逮捕されたことを受け実施している。

 調査結果によると、Shareの利用者のうち2万人以上が児童ポルノの収集を目的にShareを利用しているという。これはShare利用者全体の2割以上に相当する。同社は今回の調査結果について、「今回の全国一斉取締りによる児童ポルノコレクターへの抑止効果は限定的」と分析している。

Shareの児童ポルノコレクター数 Shareの児童ポルノコレクター数

-PR-企画特集