logo

ソニー、「Google TV」対応の液晶テレビとBlu-rayプレーヤーを発表

文:David Katzmaier(CNET News) 翻訳校正:湯本牧子、高森郁哉、編集部2010年10月13日 08時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE ソニーは米国時間10月12日、「Google TV」サービスを初搭載した液晶テレビ「NSX-GT1」シリーズとBlu-rayプレーヤー「NSZ-GT1」の全詳細を明らかにした。

 「NSX-GT1」シリーズは、サイズは24〜46インチ、予想販売価格は599〜1399ドル、10月16日から出荷を開始する予定である(米Sonystyle.comとBest Buy.comで現在、予約注文が受け付けられている)。Blu-rayプレーヤーも同日に399ドルで発売される予定である。

 Google TVは、ケーブルテレビ、衛星放送、地上波放送、インターネット(NetflixやYouTube)に関係なく、利用可能な全ビデオコンテンツを単一画面上に統合し、Google.comでのウェブ検索と同様に簡単に検索可能にすることを約束している。ソニーの「NSX-GT1」シリーズと「NSZ-GT1」には、キーボード付きの特殊なリモコンが付属しており、ユーザーのAVシステムにある他の機器を制御することや、内蔵の「Chrome」ブラウザでウェブ全体を閲覧することも可能だ。

 Google TV対応ソフトウェアを搭載するとして最初に発表された製品は、300ドルの「Logitech Revue」セットトップボックスで、同製品は依然として、既存のシステムにGoogle TVサービスを追加するための最も安価な手段である。「NSX-GT1」シリーズはGoogleのサービスを内蔵しているため、同サービス用の追加機器は不要だ。しかし、ほとんどすべて場合、ケーブルまたは衛星ボックスの接続が少なくとも必要となる。しかし、両者の最大の違いは、ソニーが新しく発表したテレビとBlu-rayプレーヤーにおいて、家庭内ネットワークを介した音楽や動画ファイルのストリーミングはできないという点がある。ただし、その機能については開発中であるとソニーは述べている。

Google TVを初搭載した「NSX-GT1」シリーズ Google TVを初搭載した「NSX-GT1」シリーズ
提供:Sony Electronics

-PR-企画特集