logo

フォトレポート:スヌーピーの漫画「ピーナッツ」博物館を訪ねて - 18/28

文:Daniel Terdiman(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年10月08日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「ピーナッツ」ファンなら、登場人物が考えごとをするのによく石垣のところに立っているのを覚えているだろう。しかし、初期の「ピーナッツ」では、登場人物は縁石の上に座っていた。博物館にある説明によると、Schulz氏が話をする子供達を漫画で描き始めた当時、縁石に座らせるのが定番のポーズだったという。しかし、自分の子供達が怪我を負ったり、事故に遇ったりすることを常に心配していたSchulz氏は、車にひかれやすい縁石に座らせるというポーズに神経質だった。この漫画は、石垣を使うというアイデアが浮かぶ前に試したポーズのうちの1つ。

 「ピーナッツ」ファンなら、登場人物が考えごとをするのによく石垣のところに立っているのを覚えているだろう。しかし、初期の「ピーナッツ」では、登場人物は縁石の上に座っていた。博物館にある説明によると、Schulz氏が話をする子供達を漫画で描き始めた当時、縁石に座らせるのが定番のポーズだったという。しかし、自分の子供達が怪我を負ったり、事故に遇ったりすることを常に心配していたSchulz氏は、車にひかれやすい縁石に座らせるというポーズに神経質だった。この漫画は、石垣を使うというアイデアが浮かぶ前に試したポーズのうちの1つ。

提供:Daniel Terdiman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]