logo

フォトレポート:スヌーピーの漫画「ピーナッツ」博物館を訪ねて

文:Daniel Terdiman(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年10月08日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2010年10月2日の漫画「ピーナッツ」連載開始60周年を記念して、米CNETのDaniel Terdiman記者は、同漫画の作者であるCharles M. Schulz氏の名前を冠したチャールズ・M・シュルツ博物館を訪れた。ここでは、同博物館を写真で紹介する。

 芸術家のGail Robertson氏とBarbara Rossini氏が制作した「Mr. Joe Debonair」。同博物館の隣にある「Snoopy's Home Ice」として知られるレッドウッドエンパイアアイスアリーナに置かれている。

 2010年10月2日の漫画「ピーナッツ」連載開始60周年を記念して、米CNETのDaniel Terdiman記者は、同漫画の作者であるCharles M. Schulz氏の名前を冠したチャールズ・M・シュルツ博物館を訪れた。ここでは、同博物館を写真で紹介する。

 芸術家のGail Robertson氏とBarbara Rossini氏が制作した「Mr. Joe Debonair」。同博物館の隣にある「Snoopy's Home Ice」として知られるレッドウッドエンパイアアイスアリーナに置かれている。

提供:Daniel Terdiman/CNET

 2010年10月2日の漫画「ピーナッツ」連載開始60周年を記念して、米CNETのDaniel Terdiman記者は、同漫画の作者であるCharles M. Schulz氏の名前を冠したチャールズ・M・シュルツ博物館を訪れた。ここでは、同博物館を写真で紹介する。  芸術家のGail Robertson氏とBarbara Rossini氏が制作した「Mr. Joe Debonair」。同博物館の隣にある「Snoopy's Home Ice」として知られるレッドウッドエンパイアアイスアリーナに置かれている。

-PR-企画特集