logo

「BlackBerry PlayBook」を発表したRIM--企業顧客を支柱に新たな層の開拓を狙う - (page 2)

文:Erica Ogg(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年09月30日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 しかしこれらの機能が魅力的なのはビジネスユーザーにとってだけではない。iPadや「Android」搭載タブレットを欲しがるような一般の人々も、その使い道を見つけられるだろう。そこでRIMは、(タブレット開発における事実上の業界標準となった)iPadにはない機能を追加することで、潜在的なAppleユーザーにアピールしようとしている。その例がHDMI出力やカメラだ(iPadでもビデオ出力は可能だが、AppleのVGAアダプタを使う必要があり、しかもHD画質ではない)。

 iPadとのもう1つの差別化要因に関して、RIMは波風を立てないように気を遣うことはしなかった。PlayBookではHTML5形式とAdobe Flash形式の両方のウェブビデオを表示できる。AppleはモバイルFlashと距離を置くことを声高に表明しており、新しいウェブ標準HTML5を推進してきた。Lazaridis氏は、RIMがFlashについてどう感じているかを印象付けるために、27日の講演でAdobeのCEOであるShantanu Narayen氏を壇上に招き、Narayen氏は2つのプラットフォームがいかに密接に関係しているかを語った。それは主に聴衆のデベロッパーたちのためだったが、ウェブ上のビデオをすべて表示できるようにするという考え方は、潜在的なコンシューマーに対して自社のデバイスを差別化する1つの方法となる。

 RIMはまた、同社の戦略が新しいハードウェアの提供にとどまらないことも示した。先日新しい「BlackBerry OS 6」を発表したばかりだが、PlayBook向けの全く新しいタブレットOSも開発した。「BlackBerry Tablet OS」というOSで、RIMが2010年に買収したQNX Softwareが設計したものだ。

 新しいシステムを採用した理由についてLazaridis氏は、「戸建て住宅用の土台の上に高層ビルを建築することはない」と説明した。RIMは明らかに、タブレット用に自社が持っているものは1GHzのデュアルコアタブレットでも十分に動作する、はるかに堅固なOSだと考えている。

 OSがいかに強力なものとなるかが強調される一方で、そのシステムは全くビジネス的ではないものも備えている。OpenGLのサポートだ。OpenGLは、見栄えのよい3Dグラフィックスを駆使したゲームの開発に使用される。QNXのCEOであるDan Dodge氏は、OpenGLのサポートにより、BlackBerry Tablet OSは本格的なゲームプラットフォームになると述べ、聴衆のデベロッパーたちから喝采を受けた。ゲームはAppleが「App Store」で熱心に取り組んできた分野で、大半の人がタブレットを購入する主な理由ではないものの、非常によく売れる。よって、RIMがPlayBookをゲーム販売の手段とすることができれば、新しいデベロッパーだけでなく、BlackBerryユーザーでない人々からもPlayBookへの関心を呼び起こせる可能性がある。

 もちろん、出荷開始時期、価格、提供地域や、バッテリ持続時間といった基本機能など、わからないことはまだ数多くある。さまざまな情報から、同製品の準備がまだできていないと推測することは簡単だが、2010年終盤から2011年初頭にかけて起こると予想されるタブレット発表ラッシュの前に、RIMが自社のタブレットを発表したいと考えていることも読み取れる。

 しかしRIMは27日、スポットライトを浴びる機会を利用して、スマートフォン市場で脅威を増すAppleとAndroidにどう対抗する意向かという疑問のいくつかに答えを出した。RIMは、同社がまだ活力に溢れており、スマートフォンを超えるビジョンを持っていることを示すことに成功した。そして同社は賢明にも、確立された信頼できる顧客基盤をベースとすることを選択しようとしているが、今や全く新しいデバイスでBlackBerryユーザー以外の新しい層にアピールする手段も持っている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]