logo

オラクル、チップの不当請求でマイクロンテクノロジーを提訴か--ブルームバーグ報道

文:Brooke Crothers(Special to CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年09月28日 12時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Bloombergの報道によると、Oracleは米国時間9月24日、Micron Technologyがメモリチップの価格を不当につり上げてSun Microsystemsに販売したとして、Micronをカリフォルニア州サンノゼの米連邦裁判所に提訴したという。Sun MicrosystemsはOracleが1月に買収しており、今回の訴訟は、2002年に米司法省がメモリチップの価格についてMicronを調査したことに端を発する。

 Oracleは訴状の中で、Micronは他のチップメーカーと「共謀して生産能力をコントロールし、価格をつり上げたほか、DRAM購入者に法外な金額を請求した」と述べているという。Hynix Semiconductorやサムスン電子なども「共謀した」メーカーとして名前が挙げられているが、被告にはなっていない。

 Micronにコメントを求めたが、すぐには回答を得られなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集