LG、3D対応のBDプレーヤーを発表--ネット接続でYouTube視聴も

加納恵(編集部)2010年09月28日 12時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LGエレクトロニクス・ジャパンは9月27日、Blu-ray 3Dの再生に対応したBlu-ray Discプレーヤー「BX580」を発表した。ネットワーク接続機能も備える。発売は11月19日。店頭想定価格は3万円前後になる。

 再生対応ディスクは、Blu-ray 3D、市販のBlu-ray Discソフト、DVD、CDなど。AVCREC形式やAVCHD形式で記録したディスクの再生もできる。

 LANケーブルでインターネットに接続すれば、テレビ画面でYouTubeの動画コンテンツや、Picasaウェブアルバムサービスなどの利用が可能。市販のBlu-ray Discソフトの追加コンテンツにアクセスできる「BD-LIVE」、ディスクを再生すると関連情報を自動的に取り込める「Gracenote」にも対応する。

 本体にはUSB端子を1系統装備し、USBメモリ内のファイルや、外付けHDD内のコンテンツの再生も可能。対応ファイルは、mp3、wma、wavなどの音楽、jpg、pngなどの静止画、avi、mpg、mkvなどの動画としている。

 同社では、液晶テレビ「INFINIA(インフィニア)」として3D対応テレビ「LX9500」シリーズを同日に発表している。

「BX580」 「BX580」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加