logo

「foursquare 2.0」の目標--一般への訴求とFacebook Placesとの差別化 - (page 2)

文:Caroline McCarthy(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年09月28日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「foursquare 2.0」アプリは、数週間にわたるひそやかなアルファテストを経て20日にリリースされた。新バージョンでは2つの目標に取り組んでおり、マーケティングとメディアの世界を自社のサービスにつなぎとめると同時に、テクノロジ起業家がおどけて「普通人」と呼ぶことのある層、つまり、信じがたいことに、自分のいる場所を世界に知らせるアプリケーションにそれほど魅力を感じない人々にアピールすることを目指している。

 foursquare 2.0は何が新しいのだろうか。大きく力を入れているのは、ユーザーのためにプッシュ通知される「Tips」と、レストランガイドの出版社ZagatやライフスタイルテレビBravoの番組、そして前述のThe Wall Street Journalといったブランドだ。また、ウェブインターフェースに新しい要素が追加され、容易に配置できる「Add to my foursquare」ボタンによって、ブランドやブロガーのTipsを収集することができる。foursquareが、創立者の言うように、一面ではソーシャルネットワークサービスであり、一面ではカスタマイズされたシティガイドだとしたら、foursquare 2.0はシティガイドの方にやや傾いている。

 8月に登場した「Facebook Places」は、おそらくfoursquareにとって脅威だろう。foursquareは、巨大なソーシャルネットワークであるFacebookが何を作っているのか、ほとんど知ることができずにいた。そして実際、Facebookは「チェックイン」をほぼそのまま複製した。しかし、ここでfoursquareにとって幸運なことは、Facebook Placesが力を入れているのが、自分の場所を友人に伝え、現在位置をステータスメッセージのように記録する機能だけであるように見えることだ。Advertising Ageが5月の記事で予想したような、多くのブランドパートナーがFacebook Placesを使った販売促進に乗り出すという事態は起きていない。また、開発者がこぞってFacebookのジオタギングに飛びついているというわけでもない。Facebook Placesは登場以来静かなもので、静かすぎるほどだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]