logo

グーグルの音楽サービス、利用料は年25ドルか--米報道

文:Greg Sandoval(CNET News) 翻訳校正:湯本牧子、長谷睦2010年09月16日 10時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国での報道によると、Googleは公開準備を進めているとみられる音楽サービスにおいて、ユーザーが購入した楽曲を同社のサーバに保存する利用料として年額25ドルを課金することを提案しているという。

 米CNETは2月、Googleがクラウドコンポーネントを擁する音楽サービスの立ち上げについて、米国の4大レコードレーベルと協議していると報じていた。

 BillboardのEd Christman記者は米国時間9月14日、Googleが4大レコードレーベルに対し、25ドルの料金に加えて、ユーザーが「購入した楽曲をクラウドベースの自分のアカウントに直接転送」するオプションを提供する計画も含めた「提案を配布している」と報じた。

 また、Googleによる音楽サービスのユーザーは1回に限り、ノーカットの楽曲を無料試聴できるという。その後試聴できるのは30秒間の断片のみとなる。

 Googleの広報担当者はコメントを拒否した。

 筆者が接触した音楽業界の関係者は、Billboardが報じた内容の大部分を事実のようだとしながらも、Googleと音楽レーベル各社の間の協議は継続中なので、サービスに関する条件が変更される可能性もあると述べている。

 したがって、最終的なサービス内容を確認できるのはまだ先になりそうだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集