logo

MS、次期ユニファイドコミュニケーションソフト「Lync」のRC版を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間9月13日、同社次期ユニファイドコミュニケーション(UC)ソフトウェア「Microsoft Lync」のリリース候補(RC)版を発表した。Lyncは、「Communications Server」「Communications Online」「Communicator」とこれまで呼ばれていた製品向けの新ブランドで、「Lync Web App」および「Lync Online」を含んでいる。「Lync 2010」および「Lync Server 2010」のRC版が現在、無償でダウンロード可能となっている。

 Lyncは、画像および音声を使った会議、アプリケーションやデスクトップの共有、インスタントメッセージング、電話などにより仮想的なミーティングを可能する、とMicrosoftでは述べている。Lyncは、「Microsoft Office」「SharePoint」「Exchange」との使用を考えて新たに設計し直されているため、エンドユーザーにおける導入時の障害を減らし、投資利益を増加させることを支援する。

 Microsoftによると、120社以上の企業顧客およびパートナーがLync向けMicrosoft Technology Adoption Program(TAP)に参加し、初期リリースをテストし、フィードバックを提供したという。

 また、Microsoftは、30社以上のパートナーがLync互換のハードウェア、ソフトウェア、サービス製品のベータバージョンを13日に発表したことも明らかにしている。ハードウェア製品としては、さまざまなインターネットプロトコルを採用した電話などがある。ソフトウェアソリューションとしては、コンタクトセンタ、通話記録、課金、そして、コミュニケーションを業務プロセスに組み込むための新しいアプリケーションなどが含まれる。

-PR-企画特集