logo

フォトレポート:分解、「iPod shuffle」第4世代--最新の小型プレーヤーの内部をのぞく

文:Bill Detwiler(TechRepublic) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年09月15日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Appleは2010年9月、第4世代の「iPod shuffle」を発表した。今回のiPod shuffleは第2世代iPod shuffleの基本的なデザインを踏襲しており、大型のコントロールパッドを採用し、郵便切手のような形状になっている。

 筆者が分解する多くのコンピュータやスマートフォン、ガジェットと異なり、iPod shuffleは分解して組み立て直せるようには設計されていない。また、わずか49ドルという価格を考えると、ほとんどのユーザーはiPod shuffleが故障したとき、修理するのではなく、単に買い換えることを選択するだろう。しかし、だからといって修理ができないわけではないし、修理すべきでないという理由もない。

 iPod shuffleの分解には、#00か#000のプラスドライバと、薄い金属製の刃またはプラスチック製のSpudger(へら状の工具)が必要だ。

 Appleは2010年9月、第4世代の「iPod shuffle」を発表した。今回のiPod shuffleは第2世代iPod shuffleの基本的なデザインを踏襲しており、大型のコントロールパッドを採用し、郵便切手のような形状になっている。

 筆者が分解する多くのコンピュータやスマートフォン、ガジェットと異なり、iPod shuffleは分解して組み立て直せるようには設計されていない。また、わずか49ドルという価格を考えると、ほとんどのユーザーはiPod shuffleが故障したとき、修理するのではなく、単に買い換えることを選択するだろう。しかし、だからといって修理ができないわけではないし、修理すべきでないという理由もない。

 iPod shuffleの分解には、#00か#000のプラスドライバと、薄い金属製の刃またはプラスチック製のSpudger(へら状の工具)が必要だ。

提供:Bill Detwiler/TechRepublic

 Appleは2010年9月、第4世代の「iPod shuffle」を発表した。今回のiPod shuffleは第2世代iPod shuffleの基本的なデザインを踏襲しており、大型のコントロールパッドを採用し、郵便切手のような形状になっている。  筆者が分解する多くのコンピュータやスマートフォン、ガジェットと異なり、iPod shuffleは分解して組み立て直せるようには設計されていない。また、わずか49ドルという価格を考えると、ほとんどのユーザーはiPod shuffleが故障したとき、修理するのではなく、単に買い換えることを選択するだろう。しかし、だからといって修理ができないわけではないし、修理すべきでないという理由もない。  iPod shuffleの分解には、#00か#000のプラスドライバと、薄い金属製の刃またはプラスチック製のSpudger(へら状の工具)が必要だ。

-PR-企画特集