logo

モジラ、「Firefox 4 Beta 5」を公開--音声APIやHSTS機能を追加

文:Seth Rosenblatt(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年09月08日 12時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozilla Foundationは「Firefox 4 Beta 5」をリリースした。この最新のベータ版では、音声APIが追加され、メニュー項目が変更されたほか、ハードウェアアクセラレーションがデフォルトで有効化されており、セキュリティ機能が強化された。Windows版、Mac版、Linux版が提供されている。

 Windows版のメニューには、前のベータ版にはなかった機能が数多く追加され、メニュー項目が1列から2列になった。また新機能の音声データAPIにより、開発者が生の音声データを扱えるようになった。さらに、強制的にHTTPSを使用するHTTP Strict Transport Security(HSTS)のサポートが追加され、安全な接続を確立できなければ、セキュアでない接続が利用できる場合でもURLの解決を行わないようにできる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]