「Gmail」の音声通話機能をレビュー--グーグルVoIPの魅力

文:Jessica Dolcourt(Special to CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年08月31日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間8月25日、「Gmail」に組み込まれている「Google Talk」チャットアプリを、ついに音声に対応させた。具体的には、プラグインによってダイアルパッドが表示され、Gmailの受信箱や「iGoogle」からVoIP通話を開始することができる。ただし、重要な注意点として、このサービスは現在米国のGmailユーザーにしか提供されていないことが挙げられる。

Gmailから電話をかけるためのGoogleのダイアルパッド。 Gmailから電話をかけるためのGoogleのダイアルパッド。
提供:Screenshot by Jessica Dolcourt/CNET

 Googleが2009年11月にVoIP企業Gizmo5を買収して以来、このようなサービスが出るだろうとわれわれは予想していたし、デスクトップアプリケーションになるのではないかという憶測すらあった。しかしそうではなかった。米CNETは8月24日に社内でこのオンライン機能を発見し、25日にGoogleがこのVoIPのニュースを公表した。われわれはオンラインアップデートが行われてすぐ、この新サービスのレビューに取りかかった。

Gmailから電話をかける

 Google TalkのVoIP機能のテストは、WindowsのデスクトップPC、WindowsのノートPC、Macのノートブックで行った。Google Talkサイドバーの、自分の名前とステータスバーのすぐ下に、「Call phone」ボタンがある。場合によっては、これをクリックしてGoogle TalkのVoIPサービスを有効にしようとすると、ダイアルできるようになる前に、Google Talkの音声およびビデオプラグインをインストールするよう求められる。このプラグインは必須だが、既存の機能であるビデオ通話を試したことがあるなら、すでにインストールされているかもしれない。

 これは言わなくてもいいことかもしれないが、とにかく言っておこう。コンピュータから電話の相手に声を届けるには、コンピュータに内蔵されたものであれヘッドセットであれ、手元にマイクが必要だ。

Gmailのアカウントに通話機能が追加されると、このようなものが表示される。 Gmailのアカウントに通話機能が追加されると、このようなものが表示される。
提供:Screenshot by Jessica Dolcourt/CNET
  • このエントリーをはてなブックマークに追加