logo

IIJとJBSが協業--「IIJ GIO」上でMicrosoftコラボ基盤を個別構築

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットイニシアティブ(IIJ)と日本ビジネスシステムズ(JBS)は8月24日、クラウド事業での協業に合意し、IIJのクラウドサービス「IIJ GIO」上で、「Microsoft Exchange Server 2010」や「Microsoft Office Communications Server (OCS)2007 R2」、「Microsoft SharePoint Server(SPS)2010」などのMicrosoftのコラボレーション基盤を個別構築するソリューションメニューを9月1日から提供すると発表した。

 Microsoftプラットフォームソリューションの個別構築と運用サポートをJBSが提供し、IIJはインフラ基盤としてIIJ GIOを提供する。IIJ GIO上でExchangeやOCSの基本機能を利用するための要件定義やシステム設計、設定作業が「基本パッケージメニュー」により準備されているため、従来の個別構築に比べて約40%のコストダウンが図られ、しかも短期間でのシステム導入が可能になる。

 IIJは、IIJ GIOのWindowsプラットフォームサービスとして、Exchangeを中核とした企業のオフィス業務のクラウド化を重点市場と捉えており、Microsoft製品に関わるシステム構築の知見と実績をもつソリューションパートナーを求めていた。一方、JBSでは顧客からクラウドコンピューティングに対する多くのニーズを受ける中で、クラウドインフラ基盤を提供するパートナーとの協業を求めており、今回それぞれの強みをさらに発揮できる機会と考え、協業に至ったという。

-PR-企画特集