logo

パナソニック、フルHD画質で最大108時間録画ができる「ブルーレイディーガ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは8月24日、Blu-ray Discレコーダー「ブルーレイディーガ」シリーズで6機種の新製品を発表した。全機種Blu-ray Discの新規格「BDXL」に対応する。発売は9月15日。

 発表されたのは、3D対応の「DMR-BWT3100/2100/1100」の3機種と、2Dモデルの「DMR-BW890/BW690/BR590」の3機種。いずれも「トゥルーカラーエンジン」により、映像本来の質感や豊かな階調を忠実に再現するとしている。

 また、DMR-BR590を除く5モデルで、第5世代のMPEG-4 AVC/H.264エンコーダー「新アドバンスドAVCエンコーダー」を搭載し、2番組同時の「フルハイビジョンW 12.5倍録画」を実現した。録画先には、HDDまたはHDDとBD、HDDとDVDの組み合わせが指定できる。なお、DMR-BR590には第4世代の「アドバンスドAVCエンコーダー」を搭載し、1番組のみの録画となる。

 BDXL規格に対応したディスクドライブは、追記型3層式(100Gバイト)のBD-Rディスクや今後発売が見込まれる4層式(128Gバイト)のBD-Rディスク、書き換え可能な3層式(100Gバイト)のBD-REディスクにも対応した。フルHDで最長約108時間の番組をディスク1枚に記録可能だ。DMR-BWT3100/2100/1100の3モデルでは、Blu-ray 3Dディスクの再生に加え、パナソニック製3D対応ムービーで撮影した3D映像の再生、保存もできる。

 さらに、2番組同時録画中での動作制限も解消し、2番組同時での長時間録画中でもBlu-ray DiscやBlu-ray Disc 3Dディスクの再生、Blu-ray Discへの高速ダビングや再エンコードダビングが可能だ。

 基本操作のみを搭載したシンプルリモコンを使えば、専用のかんたんサポート画面が表示され、レコーダー入門者でも迷うことなく録画予約やダビング操作ができるとのことだ。

  • 「3D対応ブルーレイディーガ」

  • 「ブルーレイディーガ」

  • DMR-BWT3100(HDD:2Tバイト、店頭想定価格:28万円前後)
  • DMR-BWT2100(HDD:1Tバイト、店頭想定価格:16万円前後)
  • DMR-BWT1100(HDD:500Gバイト、店頭想定価格:12万円前後)
  • DMR-BW890(HDD:1Tバイト、店頭想定価格:15万円前後)
  • DMR-BW690(HDD:500Gバイト、店頭想定価格:11万円前後)
  • DMR-BR590(HDD:500Gバイト、店頭想定価格:9万円前後)
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集