logo

「最悪の人事決定」:オラクルCEOエリソン氏、ハード氏辞任でHP取締役会を非難

文:Erica Ogg(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年08月10日 12時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 OracleにとってHewlett-Packard(HP)は競合企業だが、同社最高経営責任者(CEO)Larry Ellison氏にとって、HPの元CEOであり友人のMark Hurd氏をかばうということにおいて、それは無関係のようだ。

 Ellison氏は米国時間8月9日、The New York Timesへ電子メールを送付し、Hurd氏に辞任を求めたHP取締役会を非難した。

 Ellison氏は、電子メールで「HP取締役会は最悪の人事決定を下した」と述べ、その最悪さは、Apple取締役会がSteve Jobs氏を解雇して以来のものと続けた。「Appleの決定は、自らを崩壊寸前まで追い込み、Steveが復帰して立て直していなければ崩壊していただろう」(Ellison氏)

 Hurd氏はHPのCEOを8月6日に辞任したが、1000〜2万ドルともいわれる不正な経費報告書の提出が同社調査により発覚したことが背景にある。同社取締役会は、この件について、Hurd氏からセクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)を受けていたという女性からの訴えに基づいた調査の過程で発見している。

 Hurd氏の個人的な友人であるEllison氏は、HPの独自調査においてセクシュアルハラスメントの訴えに対する事実が見つかっていないことから、Hurd氏を解任すべきでなかったと述べた。「Mark Hurd氏を失うことにおいて、HP取締役会は、同社社員、株主、顧客、パートナー企業の利益を最優先に考えて行動することができていない」(Ellison氏)。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集