logo

分解、アップル「Magic Trackpad」--最新マルチタッチデバイスの構造 - 31/32

文:Bill Detwiler(TechRepublic) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年08月10日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 本体を側面から見ると、Magic Trackpadのマルチタッチ面(光沢のあるアルミ製フレームの上に付けられた、濃い灰色の層)を確認することができる。このタッチ面は接着剤でフレームに固定されている。タッチ面を取り外すには、接着剤に熱を加える必要がある。それをしてしまうと、本体が損傷して修復不可能になってしまうおそれがあるので、タッチ面は取り外さないことにした。

 また、タッチ面の裏側には接着剤以外に見るべきものは本当に何もない。内側の支持機構を通して、タッチ面の裏側の大部分を確認することが可能だ。

 本体を側面から見ると、Magic Trackpadのマルチタッチ面(光沢のあるアルミ製フレームの上に付けられた、濃い灰色の層)を確認することができる。このタッチ面は接着剤でフレームに固定されている。タッチ面を取り外すには、接着剤に熱を加える必要がある。それをしてしまうと、本体が損傷して修復不可能になってしまうおそれがあるので、タッチ面は取り外さないことにした。

 また、タッチ面の裏側には接着剤以外に見るべきものは本当に何もない。内側の支持機構を通して、タッチ面の裏側の大部分を確認することが可能だ。

提供:Bill Detwiler/TechRepublic

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]