サイボウズ、グループウェア製品を活用した在宅勤務制度を試験導入

新澤公介(編集部)2010年08月02日 15時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイボウズは8月2日、自社のグループウェア製品を活用した在宅勤務制度を、全社員を対象に試験導入したと発表した。試験導入の期間は同日から10月31日までを予定している。

 同社は、在宅勤務制度を試験導入する主な目的として、(1)能力発揮のために在宅勤務を希望する障がい者の雇用機会の創出、(2)オフィス以外での就業による業務効率の向上、(3)仕事と育児や介護を両立させようとする社員や出産を控えた社員、プライベートを重視したい社員の働き方の選択肢――の3点を挙げている。同社は今回の試験導入を通じて、これらの本格展開に向けて詳細に検討するとしている。

 在宅勤務する社員は、携帯電話やスマートフォンから社内のサイボウズ製品に安全にアクセスできるVPNサービス「サイボウズ リモートサービス」を活用し、会社と同じ環境で業務を行えるとしている。サイボウズはこれまでも、最長6年の育児休業制度働き方によって人事報酬制度を選べる選択型人事報酬制度を導入している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加