logo

米司法省、オラクルを提訴--米政府とのソフトウェア販売契約の不正行為で

文:Jonathan E. Skillings(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年08月02日 11時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米司法省は米国時間7月29日、米政府との契約で不正行為があったとしてOracleを提訴した。この訴訟は、Oracleと米一般調達局(GSA)との1998年から2006年のソフトウェア販売契約に端を発するもの。同契約では、Oracleがほかの民間顧客への割引を拡大した場合、その旨をGSAに知らせ、同等の割引を米政府に提供する必要があった。

 訴訟は、Oralcleが同社の実際の民間取引に関して不正確に伝え、米国に対し詐欺行為を働いたと主張している。Oracleにコメントを求めたがすぐには回答を得られなかった。

 この訴訟はもともと、米虚偽請求取締法に基づき、Oracleでシニアディレクターを務めていたPaul Frascella氏がバージニア州東部地区連邦地方裁判所で起こしたもので、米政府がFrascella氏の件と関連づけて提訴した形となっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集