logo

マイクロソフトのバルマーCEO、タブレットへの注力を表明

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年07月30日 12時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの最高経営責任者(CEO)Steve Ballmer氏は米国時間7月29日、アナリストとの会見の中で、MicrosoftはWindowsベースのタブレットの開発に力を注いでいると述べた。製品はハードウェアメーカーのパートナーから発売されるとのことだが、必要な場合はMicrosoftがハードウェアの設計を行うという。短期的には、OSは「Windows Phone」ではなく「Windows 7」が中心になり、プロセッサはARMよりもIntelを採用し、2011年にリリース予定のIntel「Oak Trail」プロセッサがタブレットを強力に後押しするとの見通しを示した。

 Ballmer氏はAppleの「iPad」について、「これほど売れてほしくはなかった」と述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集