logo

ソフトバンク、Zyngaとソーシャルゲームの合弁会社「ジンガジャパン」設立へ

別井貴志(編集部)2010年07月29日 19時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクと米Zynga Game Networkは7月29日、日本でソーシャルゲームを発展、普及させることを目指し合弁会社「ジンガジャパン」を設立することで合意した。既に、ソフトバンクはZyngaに対して1億5000万ドル(約137億円)出資している。ジンガジャパンは両者が折半出資して設立する予定だ。

 Zyngaは2007年に設立された大手ソーシャルゲーム企業で、月間のアクティブユニークユーザー数は2億3000万人。農場を開拓する「FrontierVille」や牧場の「FarmVille」などが人気で、Facebookアプリのユーザー数ランキングトップ10に常に6〜7つのZyngaアプリがランクインしているといい、「おそらくFacebookのトラフィックの約4割近くを占めているのではないか」(ソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏)という。Zyngaのゲームは基本利用は無料だが、農薬や種といったアイテム課金で収益をあげている。

説明 ソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏(左)と、ジンガジャパンのCEOに就任予定のRobert Goldberg氏(右)

 ジンガジャパンは年内にサービスを開始する見込みだが、孫氏は「iPhoneやiPad、ケータイの最強アプリになると期待している」と述べた。

 また、Zyngaのシニアバイスプレジデント コーポレートデベロップメント(Zyngaのナンバー2で新規事業の立ち上げなどを担当)で、ジンガジャパンのCEOに就任予定のRobert Goldberg氏は「日本は最先端で大きな市場だととらえており、いろいろと学べることは喜ばしい。また、ゲームを通じて今後グローバル展開していけるのはうれしい」と語った。

  • 人気ソーシャルゲーム「FrontierVille」の画面

    出典:ソフトバンク資料

  • Facebookアプリの上位にランキング

    出典:ソフトバンク資料

  • 2億3000万人のアクティブユーザー数を誇る

    出典:ソフトバンク資料

-PR-企画特集