logo

YouTube、新しい動画埋め込みを試験中--「HTML5」と「Flash」に対応

文:Josh Lowensohn(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年07月26日 08時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、動画の新しい埋め込み方法を構築した。ユーザーのシステムの能力に応じて、適切なプレーヤーを使いながらYouTube動画を再生することができる。

 新しいコードによって埋め込まれた動画は、Adobe Systemsの「Flash」のラッパーまたは同社の「HTML5」プレーヤーのいずれかで再生されるようになり、動画を埋め込む人に追加の作業をさせることなく、視聴者数を増加できる可能性が広がる。

 Googleによると、同社はこの新しいコードフォーマットを、YouTubeの埋め込むデフォルトの方法として導入する予定だが、まずは徹底的なテストを実施しているという。例えば、Flash(やその他のプレーヤー)と比べて、HTML5プレーヤーにおいて悩まされ続けている問題点の1つは、まだ広告に対応できないという点であり、Googleは現在、Flashに設定を戻すことにより、これに対処している。

 以下に、新しい埋め込みコードを使用した例を示す。Flashがインストールされている場合は、いつも通りに処理されるが、Flashがインストールされておらず、「Firefox」「Chrome」「Safari」といったHTML5動画対応のブラウザを使用している場合は、HTML5プレーヤーで再生される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集