logo

マイクロソフト、Windows 7とWindows Server 2008 R2のSP1を2011年前半にリリースへ

文:Tim Ferguson(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部2010年07月23日 10時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows 7」および「Windows Server 2008 R2」のService Pack 1(SP1)は、2011年前半にリリースされる予定だという。MicrosoftがTechNet Evaluation Centerウェブサイトで明らかにした。

 Windows 7 SP1は、同OSが2009年10月に一般発売されて以来、「Windows Update」オンラインサービスを通じて配布されたアップデートを含むほか、顧客からのフィードバックを元にした調整がなされる予定だという。

 Windows Server 2008 R2 SP1は、仮想デスクトップインフラストラクチャ技術の向上が主な目的となる予定となっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]