logo

HP、Windowsスレートの開発を継続中?--製品ページが一時公開に

文:Lance Whitney(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部2010年07月22日 10時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Hewlett-Packard(HP)のスレートコンピュータについて、開発が中止されたといううわさは、間違っている可能性がでてきた。

 HPのウェブサイト上に、同社タブレットデバイスに関する情報を掲載するページが出現した(現在は、同ページは削除されている)。

 そのページは、「HP Slate 500」と呼ばれるデバイスを紹介しており、同デバイスは、Windows 7 Premiumを稼働し、8.9インチスクリーン、インターネットアクセス、2台のカメラ(静止画および動画用)を搭載しているという。さらに、同デバイスは、本体を縦や横にしても使え、ペン入力が可能となっているという。

 HPのSlateデバイスは、1月に開催されたCESでMicrosoft最高経営責任者(CEO)Steve Ballmer氏がデモをしたタブレットデバイスの1台。

 その後、同デバイスについて、8.9インチディスプレイ、1024×600静電容量マルチタッチディスプレイ、1.6GHz Intel Atom Z530プロセッサを搭載するなどの情報がリークされた。

 しかしその後、HPがPalmの買収を発表したことから、Window 7ベースのスレートデバイスの開発は中止され、PalmのOSをベースとしたタブレットデバイスに置き換わるのでは、と言われ始めていた。

Slateに関するHPのウェブページ Slateに関する情報を表示したHPのウェブページ
提供:Hewlett-Packard

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

-PR-企画特集