フォトレポート:アップル、「iPhone 4」受信問題で会見--会場の様子を写真で紹介

文:Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正:編集部2010年07月17日 11時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 カリフォルニア州クパチーノ発--Appleは米国時間7月16日、招待制の記者会見を開き、同社最新の携帯端末「iPhone 4」と同端末でユーザーが抱える受信問題について説明した。

 Appleの最高経営責任者(CEO)であるSteve Jobs氏は、1時間20分に及ぶ記者会見で、同問題に対する同社独自の調査結果のほか、AT&Tによる通話切断に関する情報について詳細に述べた。

 プレゼンテーションの後には、Appleの最高執行責任者(COO)を務めるTim Cook氏とMacintoshハードウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントを務めるBob Mansfield氏が加わり、Jobs氏を含め3人で記者からの質疑応答に応じた。

 ここでは記者会見の様子を写真で紹介する。

 カリフォルニア州クパチーノ発--Appleは米国時間7月16日、招待制の記者会見を開き、同社最新の携帯端末「iPhone 4」と同端末でユーザーが抱える受信問題について説明した。

 Appleの最高経営責任者(CEO)であるSteve Jobs氏は、1時間20分に及ぶ記者会見で、同問題に対する同社独自の調査結果のほか、AT&Tによる通話切断に関する情報について詳細に述べた。

 プレゼンテーションの後には、Appleの最高執行責任者(COO)を務めるTim Cook氏とMacintoshハードウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントを務めるBob Mansfield氏が加わり、Jobs氏を含め3人で記者からの質疑応答に応じた。

 ここでは記者会見の様子を写真で紹介する。

提供:Josh Lowensohn/CNET

 カリフォルニア州クパチーノ発--Appleは米国時間7月16日、招待制の記者会見を開き、同社最新の携帯端末「iPhone 4」と同端末でユーザーが抱える受信問題について説明した。  Appleの最高経営責任者(CEO)であるSteve Jobs氏は、1時間20分に及ぶ記者会見で、同問題に対する同社独自の調査結果のほか、AT
  • このエントリーをはてなブックマークに追加